コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実相院宮義延親王

美術人名辞典の解説

実相院宮義延親王

江戸中期の親王。実相院門跡。後西天皇の皇子。法諱は義延、俗名は幸嘉、幼称を五宮。実相院に入り得度、門跡となる。二品に叙し園城寺長吏に補せられる。名華嘉。宝永2年(1705)歿、45才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android