コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実行ファイル/ブートレコード感染型ウイルス じっこうふぁいる/ぶーとれこーどかんせんがたういるす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

実行ファイル/ブートレコード感染型ウイルス

最も古典的な部類のウイルスで、MS-DOSの.comや.exeといった実行ファイルに感染したり、フロッピーディスクハードディスクブートレコードに感染したりする。フロッピーディスクのやり取りや、パソコン通信などのファイル交換を通じて感染することが多かった。MS-DOSが使われていた時代には非常に流行したが、Windowsでは実行ファイルやブートレコードの改ざん(ウイルス感染)に対するチェック機能が備わったため影をひそめた。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android