コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実行ファイル/ブートレコード感染型ウイルス じっこうふぁいる/ぶーとれこーどかんせんがたういるす

1件 の用語解説(実行ファイル/ブートレコード感染型ウイルスの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

実行ファイル/ブートレコード感染型ウイルス

最も古典的な部類のウイルスで、MS-DOS.comや.exeといった実行ファイルに感染したり、フロッピーディスクハードディスクブートレコードに感染したりする。フロッピーディスクのやり取りや、パソコン通信などのファイル交換を通じて感染することが多かった。MS-DOSが使われていた時代には非常に流行したが、Windowsでは実行ファイルやブートレコードの改ざん(ウイルス感染)に対するチェック機能が備わったため影をひそめた。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone