コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実質収支

1件 の用語解説(実質収支の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

実質収支

は、単年度の収入と支出の差額から、翌年度に繰り越すことが決まっている財源を差し引いたもの。標準的な財政規模に占める実質収支赤字の割合が一定規模(都道府県で5%、市町村で20%以上)になると、自治体は国の管理下に置かれる財政再建団体の対象になる。ただ、今回の夕張市のような「隠れ借金」があると、単年度の収支だけでは危険度を判断できない可能性がある。総務省は再建団体の新たな指標として、地方債など債務についても加える検討をしている。

(2006-09-10 朝日新聞 朝刊 西部特集)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実質収支の関連キーワード継続費決算実収入正税帳過年度支出過年度収入収支年度総剰余金道営競馬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

実質収支の関連情報