コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実験動物の倫理綱領 じっけんどうぶつのりんりこうりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実験動物の倫理綱領
じっけんどうぶつのりんりこうりょう

動物実験は医学・薬学・生物学等の広い分野で行なわれており,人間を含む生物の健康維持や病気防止等に大きく貢献している。一方,動物愛護,生命の尊重,動物資源の保護等の理由から,動物実験を行なうに当たって,(1) 動物実験の必要性の吟味,(2) 使用動物数を必要最小限に抑える,(3) 動物に可能なかぎり痛みを与えないように処置し,安楽死させるなど,動物福祉・倫理的な配慮が定められるようになった。日本では 1980年の「動物実験ガイドラインの策定に関する勧告」が先駆けとなり,医薬・農薬・化学物質等の研究に関しての動物実験に,それぞれの倫理規定が定められている。外国では倫理規定とともに罰則も強化されており,研究者が研究停止させられることもある。将来は,マウス,ラット,イヌ,サル等に代表される実験動物についてばかりでなく,バイオテクノロジー遺伝子操作技術の発達に伴って,細胞や遺伝子レベルでの実験研究にも倫理規定が要求されるようになってくると思われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android