宣ふ・宣う(読み)のたまう

大辞林 第三版の解説

のたまう【宣ふ・宣う】

( 動四 )
〔「のりたまふ(宣り給ふ)」の転〕
「言う」の尊敬語。おっしゃる。 「親の-・ふことを、ひたぶるに辞いなび申さむ事のいとほしさに/竹取」
言ってやります。申し聞かせます。言ってやる相手を低めることにより表現をへりくだったものにし、聞き手に対してかしこまり改まる気持ちを表す言い方。 「いとかしこき仰事に侍るなり。姉なる人に-・ひてむ/源氏 帚木」 〔現代語では「これはまた異なことを-・うものだ」のように、皮肉の気持ちをこめて「言う」の意で用いることがある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android