コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣命書き せんみょうがき

大辞林 第三版の解説

せんみょうがき【宣命書き】

宣命・祝詞を中心に奈良時代から平安初期にかけて用いられた国語表記法の一。「国法過犯事無」のように、ほぼ国語の語序に従い漢字だけで書かれ、体言や用言の語幹の類は大字で、用言の語尾・助動詞・助詞の類は小字で書き分ける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

宣命書きの関連キーワード奈良時代助動詞宣命体吏読小字体言語序宣命用言語幹