コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室戸舟状海盆 むろとしゅうじょうかいぼん

1件 の用語解説(室戸舟状海盆の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕室戸舟状海盆(むろとしゅうじょうかいぼん)


四国室戸岬の東方から紀伊(きい)半島南端の潮(しおの)岬沖に延びる細長い海盆。東西約120km、南北約40km。水深800~1600m。北の紀伊水道から紀伊海底谷・日高(ひだか)海底谷が落ち込み、北東部から潮岬海底谷となって南海(なんかい)舟状海盆(南海トラフ)に落ちる。南西側は最浅部が水深147mの土佐碆(とさばえ)に区切られる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

室戸舟状海盆の関連キーワード紀伊水道室戸岬室戸台風紀伊紀伊家室戸光は東方から紀伊半島殺人事件室戸岬健康マラソン大会室戸[市]

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone