コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室生[村] むろう

1件 の用語解説(室生[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

むろう【室生[村]】

奈良県北東部,宇陀郡の村。人口6809(1995)。東は三重県に接し,南東部の宇陀山地と北西部の大和高原からなり,高低差が激しい。村の中央を走る断層崖下を宇陀川が北東流し,北部には笠間川が流れる。村域の大部分を山林が占め,主産業は農林業と室生寺を中心とする観光で,農業は米作のほか茶や野菜栽培が行われる室生寺は〈女人高野〉として著名だが,室生川が宇陀川に合流するところにある大野寺は石仏(史)で有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

室生[村]の関連キーワード宇陀川笠置山地宇陀宇陀紙阿騎宇陀山地宇陀路大宇陀宇陀路室生植田清一郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone