コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室生[村] むろう

世界大百科事典 第2版の解説

むろう【室生[村]】

奈良県北東部,宇陀郡の村。人口6809(1995)。東は三重県に接し,南東部の宇陀山地と北西部の大和高原からなり,高低差が激しい。村の中央を走る断層崖下を宇陀川が北東流し,北部には笠間川が流れる。村域の大部分を山林が占め,主産業は農林業と室生寺を中心とする観光で,農業は米作のほか茶や野菜栽培が行われる。室生寺は〈女人高野〉として著名だが,室生川が宇陀川に合流するところにある大野寺は石仏(史)で有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

室生[村]の関連キーワードOS-9TOA古代エジプト美術館

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android