宮城県仙台市青葉区(読み)あおば〈く〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕青葉〈区〉(あおば〈く〉)


宮城県仙台市中部に位置する、5行政区の一つ。
おおむね旧仙台市の北部・中央部と旧宮城郡宮城町。1989年(平成元)4月、仙台市が政令指定都市に昇格した際に設置、区政開始。県庁・市役所やJR仙台駅など都市機能の大部分が集中する市の行政・経済・交通の中心。北部から中部は住宅地区で、東北大学、宮城教育大学などがある。広瀬川沿いにある国指定史跡の仙台城跡(青葉城跡)、大倉ダム、作並(さくなみ)温泉が観光客を集める。複合文化施設のせんだいメディアテークがある。⇒仙台市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android