宮城県加美郡加美町(読み)かみ〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕加美〈町〉(かみ〈まち〉)


宮城県北西部にある町。鳴瀬川支流の田川流域に位置し、西は山形県と接する。加美郡
2003年(平成15)4月、加美郡の中新田町、小野田町、宮崎町が合併して成立。稲作のほかにウド・ハトムギなどの栽培が盛ん。昭和30年代に国営パイロット事業として開拓された農地では、酪農やダイコンなど高冷地野菜の栽培も行われる。食品加工、電子部品の工場がある。中新田(なかにいだ)地区の打刃物は伊達政宗時代から続くといわれる伝統工芸品。パイプオルガンが設置された音楽ホール中新田バッハホールがある。魚取(ゆとり)沼はテツギョ生息地として国の天然記念物に指定。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android