宮城県加美郡色麻町(読み)しかま〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕色麻〈町〉(しかま〈ちょう〉)


宮城県北西部、鳴瀬(なるせ)川中流南岸と支流の花川・保野(やすの)川流域を占める町。加美(かみ)郡
畜産稲作が中心の農業地帯。奈良時代には色麻柵(しかまのき)がおかれた地。日の出山瓦窯(ひのでやまかわらがま)跡は国指定史跡。南部の王城寺原(おうじょうじはら)に陸上自衛隊演習場がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android