コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮城県名取市 なとり〈し〉

1件 の用語解説(宮城県名取市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕名取〈市〉(なとり〈し〉)


宮城県南東部の市。
仙台市の南部に隣接し、仙台大都市圏の一角を占める。近郊農業地帯で花卉(かき)・野菜の栽培が盛ん。大手電機工場やビール・乳酸飲料、食品加工などの工場が操業している。南東部に岩沼市にまたがる仙台空港があり、臨空型産業が発達。先端技術産業の誘致も進む。JR東北本線の名取駅から仙台空港線が分岐する。東北地方最大の前方後円墳である雷神山(らいじんやま)古墳、飯野坂(いいのざか)古墳群はいずれも国の史跡に指定。野球やサッカー、陸上などの競技場を有する名取スポーツパークがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮城県名取市の関連情報