宮城県塩竈市(読み)しおがま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕塩竈〈市〉(しおがま〈し〉)


宮城県中部の市。
松島湾に臨み、仙台大都市圏の一角を占める。浦戸諸島の島々も市域に含む。JRの東北本線、仙石線が通じる。古代から知られた良港で、江戸時代には塩竈(しおがま)神社の鳥居前町・漁港として発展。サンマ・カツオ・マグロなどの近海・遠洋漁業の基地で、ノリ・カキの養殖も盛ん。塩釜港沿いに練り製品ほかの水産加工工場や造船所・石油貯蔵所などがある。丘陵地では宅地開発が進む。国指定特別名勝である松島巡りの観光汽船の起点。塩竃神社の境内には製塩・漁業・航海関連資料を展示した博物館がある。毎年7月に行われる塩竈みなと祭での神輿(みこし)の海上渡御は壮観。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android