コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮城県大崎市 おおさき〈し〉

1件 の用語解説(宮城県大崎市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕大崎〈市〉(おおさき〈し〉)


宮城県北西部にある市。
北西部で山形県・秋田県に接する。2006年(平成18)3月、古川市と志田(しだ)郡の松山町、同三本木町、同鹿島台町と玉造(たまつくり)郡の岩出山町、同鳴子町、遠田(とおだ)郡の田尻町の1市6町が合併して成立。この合併により、志田郡と玉造郡は消滅。市域は北西から県中央部に向かって南東に長く伸び、大崎平野を占める。北西部には奥羽山脈の山々が連なり、そこから流れだす北上川支流の江合(えあい)川が市内を流れる。JRの東北新幹線東北本線陸羽東線東北自動車道が通じる。平野部は稲作の盛んな日本有数の穀倉地帯。仙台牛などの畜産、野菜栽培も行われる三本木地区ではヒマワリの栽培・加工が盛ん。伝統的に味噌・醤油・清酒などの醸造業が盛んで、岩出山地区では納豆・凍り豆腐を特産する。伝統工芸品に鳴子こけし竹細工などがある。電機・精密機械・住宅建材などの工場が進出。
北西部は鳴子(なるこ)温泉郷・鬼首(おにこうべ)温泉郷を有する温泉地で、荒雄(あらお)湖・鳴子峡などの景勝地やスキー場もある。鬼首温泉にある鬼首の雌釜および雄釜間歇温泉は国の特別天然記念物。岩出山地区は伊達(だて)氏の旧城下町で、学問所の旧有備館およびその庭園(国の史跡・名勝に指定)や岩出山城跡を整備した城山公園がある。松山地区の羽黒山公園、田尻地区の加護坊(かごぼう)山は桜の名所。田尻地区にはマガンの飛来地として知られる蕪栗沼(かぶくりぬま)があり、ラムサール条約の登録湿地となっている。古川地区は大正デモクラシーを代表する思想家・吉野作造(よしのさくぞう)の出生地で、記念館がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮城県大崎市の関連情報