宮城県柴田郡柴田町(読み)しばた〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕柴田〈町〉(しばた〈まち〉)


宮城県南部、阿武隈(あぶくま)川と白石川の合流点付近を占める町。柴田郡
仙台大都市圏に入り、宅地化・工場進出が顕著。JR東北本線、阿武隈急行線が通じる。旧城下町・宿場町。船岡城跡を整備した船岡城址公園は桜の名所で、小説家・山本周五郎(やまもとしゅうごろう)の小説『樅ノ木は残った』のモデルになったモミノキがある。仙台大学、陸上自衛隊駐屯地がある。雨乞(あまごい)のイチョウは国の天然記念物に指定。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android