コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮城県栗原市 くりはら〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕栗原〈市〉(くりはら〈し〉)


宮城県北部の市。
北部で岩手県、北西部で秋田県と接する。2005年(平成17)4月、栗原郡の築館町、若柳町、栗駒町、高清水町、一迫町、瀬峰町、鶯沢町、金成町、志波姫町、花山村の9町1村が合併して成立。この合併により、栗原郡は消滅。北西部には栗駒山に代表される奥羽山脈の山々が連なり、同山を源流とする迫(はさま)川とその支流が市内を流れる。南東部の伊豆沼・内沼と一帯の湿地は、オオハクチョウやマガンが飛来する国指定の天然記念物でラムサール条約の登録地。JRの東北新幹線・東北本線、東北自動車道が通じる。稲作と肉牛飼育、野菜や花卉(かき)の栽培が盛ん。食品・電機・プラスチックなどの工場が進出している。市内には築館、高清水など奥州街道の旧宿場町が点在する。江戸時代、仙台藩によって開発された細倉(ほそくら)鉱山は亜鉛・鉛を産したが、1987年(昭和62)に閉山。跡地は観光坑道細倉マインパークとなっており、鉱山資料館がある。
国指定史跡の山王囲(さんのうがこい)遺跡がある山王史跡公園はアヤメの名所。郷土芸能の八ツ鹿踊りが有名。栗駒国定公園に属する栗駒山一帯には白糸の滝、行者滝などの景勝地やスキー場・キャンプ場、温湯(ぬるゆ)温泉、湯ノ倉温泉、駒の湯温泉、花山温泉などのほか、ニッコウキスゲなどの高山植物が観察できる世界谷地(せかいやち)原生花園といった観光地があったが、2008年6月に発生した岩手・宮城内陸地震によって栗駒山が入山不能となるなど、観光施設の多くが大きな被害を受けた。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

宮城県栗原市の関連キーワード宮城県栗原市一迫片子沢外の沢宮城県栗原市一迫片子沢妻の神宮城県栗原市一迫片子沢小横道宮城県栗原市一迫片子沢大百刈宮城県栗原市一迫片子沢鶴ケ沢宮城県栗原市一迫北沢一本松北宮城県栗原市一迫片子沢六百刈宮城県栗原市一迫片子沢上権平宮城県栗原市一迫片子沢堤ケ沢宮城県栗原市一迫片子沢兎沢宮城県栗原市一迫片子沢岩下宮城県栗原市一迫北沢入の沢宮城県栗原市一迫片子沢川南宮城県栗原市一迫北沢裏の沢宮城県栗原市一迫北沢一本松宮城県栗原市一迫片子沢原田宮城県栗原市一迫北沢上大又宮城県栗原市一迫北沢油ケ沢宮城県栗原市一迫北沢垣の内宮城県栗原市一迫北沢青符

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮城県栗原市の関連情報