コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮城県牡鹿郡女川町 おながわ〈ちょう〉

1件 の用語解説(宮城県牡鹿郡女川町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕女川〈町〉(おながわ〈ちょう〉)


宮城県東部、牡鹿(おしか)半島基部の町。牡鹿郡
同郡唯一の町。女川漁港は遠洋・沖合漁業における県内有数の基地で、ギンザケ・カキなどの養殖漁業や水産加工業が盛ん。南部に女川原子力発電所がある。JR石巻線の終点で、牡鹿半島を縦貫する牡鹿コバルトラインの起点。牡鹿半島の東方洋上に浮かぶ江ノ島列島は南三陸金華山(きんかざん)国定公園に属し、陸前江ノ島のウミネコおよびウトウ繁殖地として国の天然記念物に指定されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮城県牡鹿郡女川町の関連情報