コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮城県登米市 とめ〈し〉

1件 の用語解説(宮城県登米市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕登米〈市〉(とめ〈し〉)


宮城県北東部にある市。
北部で岩手県に接する。2005年(平成17)4月、登米郡の迫町、同登米町、同東和町、同中田町、同豊里町、同米山町、同石越町、同南方町と、本吉(もとよし)郡の津山町が合併して成立。この合併により、登米郡は消滅。西部は丘陵地帯、東部には北上山地の山々が連なり、その間に平坦肥沃な穀倉地帯が広がる。迫川と北上川が北から南に流れ、北西部にはハクチョウやマガンが飛来する伊豆沼・内沼(国指定天然記念物かつラムサール条約登録湿地)がある。JRの東北本線・気仙沼(けせんぬま)線が通じる。迫町佐沼地区はかつては亘理(わたり)氏の城下町。津山町柳津(やないづ)地区は北上川舟運で栄えた。東和町の米川地区は近世初期の隠れキリシタンの地で、史跡が点在する。ササニシキ・ひとめぼれの稲作のほか、肉牛などの畜産も盛ん。山間部では林業が行われ、シイタケ・シメジなどを産する。津山スギ、建築用石材の石越石を特産。製材・金属・精密機械などの工場が進出。旧城下町の登米町では、酒・味噌・醤油の醸造業が盛ん。鱒淵(ますぶち)川上流域の東和町ゲンジボタル生息地は国の天然記念物に指定。伊豆沼南岸に登米市サンクチュアリセンターがある。花菖蒲(はなしょうぶ)の郷公園、平筒沼ふれあい公園などがあり自然豊か。中田町は漫画家・石ノ森章太郎の出身地で記念館がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮城県登米市の関連情報