宮崎 湖処子(読み)ミヤザキ コショシ

20世紀日本人名事典の解説

宮崎 湖処子
ミヤザキ コショシ

明治・大正期の詩人,小説家,評論家,牧師



生年
元治1年9月20日(1864年)

没年
大正11(1922)年8月9日

出生地
築前国三奈木村(福岡県甘木市三奈木町)

本名
宮崎 八百吉(ミヤザキ ヤオキチ)

別名
別号=愛郷学人,西邱隠士,八面楼主人,高明学人など

学歴〔年〕
東京専門学校(現・早稲田大学)政治科〔明治20年〕卒

経歴
明治20年「日本情交之変遷」を刊行。21年東京経済雑誌に入り、「国民之友及び日本人」を連載、刊行。徳富蘇峰に認められ民友社に入社。23年「国民新聞」編集員となり、31年に退社するまで、多くの詩、小説、評論を発表。23年詩文集「帰省」を刊行。以後「湖処子詩集」「抒情詩」などで島崎藤村以前の抒情詩人の第一人者といわれる。31年受洗。38年電報新聞に入社、文学欄を担当。34年本郷森川町教会牧師となり、35年聖学院神学校設立と同時に教授に就任するが、38年退職した。他の作品に小説「故郷」「村落小記」「黒髪」、著書に「空屋」「白雲」「自然児」など。ワーズワースの最初の紹介者として知られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

宮崎 湖処子 (みやざき こしょし)

生年月日:1864年9月20日
明治時代;大正時代の詩人;小説家
1922年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮崎 湖処子の関連情報