宮崎県児湯郡新富町(読み)しんとみ〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕新富〈町〉(しんとみ〈ちょう〉)


宮崎県中部、一ッ瀬川河口北岸の町。児湯(こゆ)郡
畜産稲作とピーマン・キュウリなどの施設園芸が盛んな近郊農業地帯。電機・衣料などの工場が進出。新田原(にゅうたばる)古墳群は国の史跡に指定されている。湯之宮の座論梅(ざろんばい)(国指定天然記念物)は梅の名所。西部に航空自衛隊新田原基地がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android