コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎県小林市 こばやし〈し〉

1件 の用語解説(宮崎県小林市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕小林〈市〉(こばやし〈し〉)


宮崎県南西部にある地名。
2006年(平成18)3月に旧小林市と西諸県(にしもろかた)郡須木村が合併、2010年3月に同郡野尻町と合併して現在の姿となる。霧島連山の北方の小林盆地から九州山地を占める。綾北(あやきた)川・本庄(ほんじよう)川・石氷(いしごおり)川などの河川が流れ、その流域に耕地がある。シラス台地での畑作と乳牛・肉牛・ブロイラー飼育が盛んで、霧島集約酪農地域に指定されている。山間部では林業・畜産・シイタケやクリの栽培が盛ん。豊富な湧き水を用いた焼酎の醸造も行われる。綾北ダム・綾南ダムがある。生駒高原コスモスの名所。霧島山周辺は霧島屋久国立公園に含まれる。野尻湖ヘラブナ釣りで知られ、湖畔に観光施設のじりこぴあを開設。自然休養施設すきむらんどがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮崎県小林市の関連キーワード嬉野龍野水海道宮崎えびの小林筑後美浜若狭郷の浦

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮崎県小林市の関連情報