宮崎県日南市(読み)にちなん〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕日南〈市〉(にちなん〈し〉)


宮崎県南部の市。
日向灘(ひゅうがなだ)に面する。2009年(平成21)3月、南那珂郡の北郷町、南郷町と合併。この合併により南那珂郡は消滅。近世は飫肥(おび)城の城下町で、油津(あぶらつ)港は木材の積み出し港として栄えた。現在ではマグロ・カツオ漁業の基地。紙パルプの大手工場がある。畜産や果樹・野菜の栽培も行う。飫肥地区は武家屋敷の町並みをよく残し、重要伝統的建造物群保存地区に選定。海岸部は日南海岸国定公園域で、臨海パークのサンメッセ日南、鵜戸(うど)神宮などがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮崎県日南市の関連情報