コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎県日向市(読み)ひゅうが〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕日向〈市〉(ひゅうが〈し〉)


宮崎県北部、日向灘(なだ)に臨む市。
2006年(平成18)2月、東臼杵(ひがしうすき)郡東郷町を編入して現在の姿となる。延岡市とともに臨海工業地域を形成する港湾・工業都市。市域の中央を耳川が流れる。日向・延岡新産業都市計画区域に含まれ、細島(ほそしま)工業港を中心に化学・食品などの工場が進出。繊維・精密機器の工場もある。細島港からは本州方面へフェリーが通じる。農業は畜産・稲作とミカン栽培、ブロイラーの飼育が盛ん。ハマグリでつくる白の碁石が特産品。海岸部は日豊海岸国定公園に属し、日向岬グリーンパークなどの観光地がある。金ヶ浜はサーフィン客が多い。美々津(みみつ)地区は港町の歴史的町並みを残し、重要伝統的建造物群保存地区に選定。坪谷(つぼや)地区は歌人・若山牧水(わかやまぼくすい)の出生地で、生家・記念文学館・牧水公園がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮崎県日向市の関連情報