コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎県日向市 ひゅうが〈し〉

1件 の用語解説(宮崎県日向市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕日向〈市〉(ひゅうが〈し〉)


宮崎県北部、日向灘(なだ)に臨む市。
2006年(平成18)2月、東臼杵(ひがしうすき)郡東郷町を編入して現在の姿となる。延岡市とともに臨海工業地域を形成する港湾・工業都市。市域の中央を耳川が流れる。日向・延岡新産業都市計画区域に含まれ、細島(ほそしま)工業港を中心に化学・食品などの工場が進出。繊維・精密機器の工場もある。細島港からは本州方面へフェリーが通じる。農業は畜産・稲作とミカン栽培、ブロイラーの飼育が盛ん。ハマグリでつくる白の碁石が特産品。海岸部は日豊海岸国定公園に属し、日向岬グリーンパークなどの観光地がある。金ヶ浜はサーフィン客が多い。美々津(みみつ)地区は港町の歴史的町並みを残し、重要伝統的建造物群保存地区に選定。坪谷(つぼや)地区は歌人・若山牧水(わかやまぼくすい)の出生地で、生家・記念文学館・牧水公園がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮崎県日向市の関連キーワード余部大淀川日豊海岸国定公園日向灘宮崎日南延岡時に臨む日向灘地震南海地震と日向灘の地震

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮崎県日向市の関連情報