コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎県東臼杵郡美郷町 みさと〈ちょう〉

1件 の用語解説(宮崎県東臼杵郡美郷町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕美郷〈町〉(みさと〈ちょう〉)


宮崎県中北部、耳川・五十鈴(いすず)川・小丸(おまる)川流域にある町。東臼杵(ひがしうすき)郡
2006年(平成18)1月、同郡の南郷村、西郷村、北郷村が合併・改称して成立。周囲には九州山地の山々が連なり、町域の9割を山林が占める。林業・畜産・稲作と、ショウガ・茶・シイタケ葉タバコ・クリ・キンカン・ナシなどの栽培が行われる。笹陰(ささげ)ダム・大内原(おおうちばる)ダムなどがある南九州の電源地帯。西郷区は江戸時代には耳川水運の中継地。南郷区には古代の百済王・禎嘉(ていか)をまつる神門(みかど)神社がある。北郷区の宇納間(うなま)地蔵尊は火切(ひぎり)地蔵の名で有名。中小屋天文台ドームキャンプ場スカイロッジ銀河村がある。特産品に宇納間備長炭がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮崎県東臼杵郡美郷町の関連キーワード五十鈴五十鈴川五十鈴の宮拆釧拆鈴五十鈴宮五十鈴依媛富家五十鈴富家松浦媛蹈韛五十鈴媛命

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone