コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎県都城市 みやこのじょう〈し〉

1件 の用語解説(宮崎県都城市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕都城〈市〉(みやこのじょう〈し〉)


宮崎県南部、都城盆地に位置する市。
2006年(平成18)1月、旧・都城市と北諸県(きたもろかた)郡の山之口町、高城町、山田町、高崎町が合併して成立。市域の北西部には霧島山系から連なる山々がそびえ、高千穂峰の東南麓は霧島屋久国立公園に属している。大淀川流域には水田が広がる。宮崎自動車道や複数の国道、JR日豊(にっぽう)本線・吉都(きっと)線が通じる交通の要衝。旧・都城市は平安時代から島津荘(しまづのしょう)の中心地として繁栄。近世は薩摩藩領で北郷(ほんごう)氏が治めた。1871年(明治4)の府県再編成の際には都城県の県庁所在地ともなった。都城盆地の商工業の中心で、商圏は鹿児島県南東部に及ぶ。畜産・酪農・稲作と、茶・サツマイモ・葉タバコ・ダイコン・花卉(かき)などの栽培が盛ん。丘陵地帯ではクリを特産する。電機・機械・食品・飲料・ゴム・繊維・プラスチックなどの工場が操業。地場産業に、伝統の瓦(かわら)製造と、木刀・大弓などのスポーツ用品製造がある。山之口町の麓(ふもと)地区には江戸時代の郷土集落が残り、国の重要無形民俗文化財である人形浄瑠璃山之口の文弥(ぶんや)人形が伝わる。高崎町には500ミリ反射式望遠鏡を完備するたちばな天文台がある。母智丘(もちお)公園はサクラの名所。庄内川上流にある関の尾の甌穴(おうけつ)は国の天然記念物に指定されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮崎県都城市の関連キーワード小林盆地都城盆地宮崎曽於小林[市]高崎[町]財部[町]三股[町]都城[市]山之口[町]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮崎県都城市の関連情報