コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮後朝貞

1件 の用語解説(宮後朝貞の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

宮後朝貞

江戸前期の国学者。宇右衛門と称す。初名貞益。檜垣常純の次男、宮後朝雄の嗣。従四位上。天和2年(1682)歿、87才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮後朝貞の関連キーワード大矢重門堤盛尹岡島右近藤波氏守二見忠貞渡辺寿松木満彦沢村宇右衛門山彦宇右衛門(2代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone