コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮戸松斎

美術人名辞典の解説

宮戸松斎

日本画家。名古屋生。名は宗太郎。別号月華。はじめ奥村石蘭に四条派を学び、のち京都へ上り森寛斎に円山派の画法を受ける。第二回内国絵画共進会出品、勧業博覧会受賞、名古屋離宮張付絵の破損修理など名古屋画壇のために尽力した。また直道と号し和歌も能くした。名古屋同好画会理事。明治39年(1906)歿、50才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android