宮本 正尊(読み)ミヤモト ショウソン

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の仏教学者 東京大学名誉教授。



生年
明治26(1893)年10月1日

没年
昭和58(1983)年11月30日

出生地
新潟県

別名
号=香雪

学歴〔年〕
大谷大学〔大正7年〕卒,東京帝国大学大学院印度哲学修了,オックスフォード大学卒

学位〔年〕
文学博士〔昭和17年〕

主な受賞名〔年〕
紫綬褒章〔昭和34年〕,勲二等瑞宝章〔昭和41年〕

経歴
東本願寺の末寺長男に生まれ一度は医師を志したが、その後宗教哲学へ目を向ける。東大教授の傍ら日本印度学仏教学会の初代理事長に就任。昭和29年に東大退官後は早大、駒沢大教授、学術会議会員を歴任。専門は中道思想で昭和38年にはこのテーマで講書始進講者に選ばれた。著書に「根本中と空」「大乗と小乗」「中道思想及びその発達」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android