コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮沢賢治とチェロ

1件 の用語解説(宮沢賢治とチェロの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

宮沢賢治とチェロ

賢治にとってチェロは身近な存在だった。購入した26年に上京して専門家の特訓を受けるなどした体験は、童話「セロ弾きのゴーシュ」に結実した。病に倒れた賢治は32年、見舞いに来た藤原嘉藤治が穴あきのチェロで盛岡の演奏会に出ることを知り自分のチェロと交換した。嘉藤治が所有し、後に宮沢家に返還された賢治のチェロの胴の中には、賢治直筆の「1926.K.M.」というサインがある。

(2009-07-29 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮沢賢治とチェロの関連キーワードウッチェロカザルスチェロ存じ寄りチェロキープリムローズモンティチェロ賢治と光太郎ジュエリー ツツミ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone