宮田 重雄(読み)ミヤタ シゲオ

20世紀日本人名事典の解説

宮田 重雄
ミヤタ シゲオ

昭和期の洋画家



生年
明治33(1900)年10月31日

没年
昭和46(1971)年4月28日

出生地
愛知県名古屋市船入町

学歴〔年〕
慶応義塾大学医学部〔大正14年〕卒

学位〔年〕
医学博士〔昭和7年〕

経歴
中学時代から絵を描きはじめ、中川一政知遇を受けて春陽会に出展し、大正12年初入選。その後梅原龍三郎に師事して国展に移る。昭和2年パリに留学し、パスツール研究所破傷風などの血清研究のかたわら絵を描く。獅子文六の新聞小説「自由学校」「箱根山」のさし絵を担当し、NHKラジオ「二十の扉」のレギュラー回答者を務めた。また昭和11年横光利一に勧められ、いとう句会に入会、久保田万太郎に師事。戦後チャーチル句会を主宰するなど多方面で活躍した。代表作に「雲崗石仏」「微笑仏」、著書に「ユトリロ」「大同小異」「さんどりゑ」「竹頭帖」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

宮田 重雄 (みやた しげお)

生年月日:1900年10月31日
昭和時代の医師;洋画家。チャーチル句会主宰
1971年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android