宮脇 俊三(読み)ミヤワキ シュンゾウ

20世紀日本人名事典の解説

宮脇 俊三
ミヤワキ シュンゾウ

昭和・平成期の作家,編集者 元・中央公論社常務。



生年
大正15(1926)年12月9日

没年
平成15(2003)年2月26日

出生地
埼玉県川越市

出身地
東京

学歴〔年〕
東京大学文学部西洋史学科〔昭和26年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本ノンフィクション賞(第5回)〔昭和53年〕「時刻表2万キロ」,新評賞(第9回)〔昭和54年〕「時刻表2万キロ」,交通図書賞〔昭和55年〕「時刻表昭和史」,泉鏡花文学賞(第13回)〔昭和60年〕「殺意の風景」,交通文化賞〔昭和60年〕,JTB紀行文学大賞(第1回)「韓国・サハリン鉄道紀行」,菊池寛賞(第47回)〔平成11年〕

経歴
昭和26年中央公論社に入社。第二出版部長、「中央公論」編集長、「婦人公論」編集長、編集局長、開発室長、常務を歴任。編集者として北杜夫「どくとるマンボウ航海記」、「世界の歴史」(全16巻)、「日本の歴史」(全26巻)、「中公新書」などを手がけた。大の鉄道ファンで52年国鉄全線を踏破。53年退職して文筆活動に入り、踏破記録をまとめた「時刻表2万キロ」はベストセラーとなった。以後、「汽車旅12カ月」「終着駅は始発駅」「台湾鉄路千公里」「シベリア鉄道9400キロ」「中国火車旅行」「昭和八年 渋谷驛」「鉄道廃線跡を歩く」など数多くの著作を発表、鉄道紀行文を文芸ジャンルとして確立した。また小説や歴史紀行も手がけ、60年推理小説集「殺意の風景」で泉鏡花文学賞を受賞した。他の著作に「時刻表昭和史」「韓国・サハリン鉄道紀行」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

宮脇 俊三 (みやわき しゅんぞう)

生年月日:1926年12月9日
昭和時代;平成時代の作家;編集者
2003年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android