宮薗千之(初代)(読み)みやぞの せんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮薗千之(初代) みやぞの-せんし

?-1835* 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
江戸日本橋の陰間(かげま)茶屋の主人で,通称は山城屋清八春富士春太夫門人となり,宮薗節江戸での流行に貢献した。弟子に初代宮薗千寿らがいる。天保(てんぽう)5年12月22日死去。名は千枝ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宮薗千之(初代)

没年:天保5.12.22(1835.1.20)
生年:生年不詳
江戸後期の宮薗節の三味線方。千枝ともいう。江戸日本橋の陰間茶屋の主人で名は山城屋清八。春富士正伝(3代目薗八)の弟で,宮薗鸞鳳軒の弟子である春富士春太夫の門弟である。江戸に上方の宮薗節を定着させた。以後,千之の名は宮薗節千之派の家元名となった。

(根岸正海)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android