コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮薗千之(2代) みやぞの せんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮薗千之(2代) みやぞの-せんし

1835-1909 明治時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
天保(てんぽう)6年生まれ。初代宮薗千寿に師事。明治17年宮薗節千之派の2代家元となり,おおくの門弟をそだてる。長唄,山田流箏曲(そうきょく)にすぐれ,一中節菅野(すがの)派の名取としても知られた。明治42年1月10日死去。75歳。本名は小川(村井)さな。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宮薗千之(2代)の関連キーワード明治時代浄瑠璃るり天保

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android