コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮薗千之(4世) みやぞのせんし[よんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮薗千之(4世)
みやぞのせんし[よんせい]

[生]1891.9.21. 長野
[没]1977.7.26. 東京
宮薗節千之派の家元。本名轟はん。3世宮薗千之の弟子。 1927年宮薗千秀となり,1953年4世を継ぐ。 1960年重要無形文化財保持者の認定を受けた。代表作『心中雪解朝』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

宮薗千之(4世)の関連キーワード賄賂罪請託アッタロス[1世]津野[町]職権濫用罪アッタロス津野町斡旋収賄罪津野(町)東津野

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone