コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮重大根の流通

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

宮重大根の流通

収量が少ないため「地産地消」が基本。料理店のほか地元のスーパーにも卸すが、すぐに売り切れる。値段は普通の大根並みだが、「1本千円でも元は取れない」と河合会長。種は春日地区の小学校などに分けられ、保存会の指導で栽培されている。

(2012-06-04 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

宮重大根の流通の関連キーワード収量

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android