コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮重大根の流通

1件 の用語解説(宮重大根の流通の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

宮重大根の流通

収量が少ないため「地産地消」が基本。料理店のほか地元のスーパーにも卸すが、すぐに売り切れる。値段は普通の大根並みだが、「1本千円でも元は取れない」と河合会長。種は春日地区の小学校などに分けられ、保存会の指導で栽培されている。

(2012-06-04 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮重大根の流通の関連キーワード地産地消慌てる乞食は貰いが少ない古代米事少な少なめ残り少ない旬産旬消低酸食地産地消の仕事人車の地産地消

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone