宮 次男(読み)ミヤ ツギオ

20世紀日本人名事典の解説

宮 次男
ミヤ ツギオ

昭和・平成期の美術史家 実践女子大学文学部教授;東京国立文化財研究所名誉研究員。



生年
昭和3(1928)年6月2日

没年
平成6(1994)年2月20日

出生地
三重県河芸郡若松村(現・鈴鹿市)

学歴〔年〕
東北大学文学部東洋芸術史学科〔昭和28年〕卒,東北大学大学院中退

学位〔年〕
文学博士(東北大学)〔昭和52年〕

主な受賞名〔年〕
日本学士院賞恩賜賞〔昭和35年〕「醍醐寺五重塔壁画の研究」

経歴
昭和30年東京国立文化財研究所美術部に入り、47年同主任研究官、52年情報資料部主任研究官、57年情報資料部長、62年退官し実践女子大学教授。日本中世絵画史研究のほか、「地獄絵」の絵本化なども手がける。著書に「日本の地獄絵」「一遍上人絵伝」「金字宝塔曼陀羅」「合戦絵巻」「絵巻と肖像画」「六道絵」他。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

宮 次男 (みや つぎお)

生年月日:1928年6月2日
昭和時代;平成時代の美術史家。東京国立文化財研究所研究員
1994年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android