コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家屋被害の判定方法

1件 の用語解説(家屋被害の判定方法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

家屋被害の判定方法

部位ごとの損傷程度を数値化し、部位の構成比(柱20%、内壁15%、屋根10%など)をかけて損傷率を算出する。柱の場合、「梁(はり)との間にずれが生じている」と損傷程度は50%で、構成比20%をかけて損傷率は10%になる。各部位の損傷率を足した結果、50%以上は全壊、40%以上50%未満は大規模半壊、20%以上40%未満は半壊となる。具体的な損傷程度の判断は自治体職員に任されている。

(2009-09-09 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家屋被害の判定方法の関連キーワードインデックス活性中心活性部位挫傷部位デジタル処理部位特異的組換え消費者物価指数(CPI:consumer price index)定部位不担保フィレ・ミニョン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone