コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家屋被害の判定方法

1件 の用語解説(家屋被害の判定方法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

家屋被害の判定方法

部位ごとの損傷程度を数値化し、部位の構成比(柱20%、内壁15%、屋根10%など)をかけて損傷率を算出する。柱の場合、「梁(はり)との間にずれが生じている」と損傷程度は50%で、構成比20%をかけて損傷率は10%になる。各部位の損傷率を足した結果、50%以上は全壊、40%以上50%未満は大規模半壊、20%以上40%未満は半壊となる。具体的な損傷程度の判断は自治体職員に任されている。

(2009-09-09 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone