家屋被害の判定方法

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

家屋被害の判定方法

部位ごとの損傷程度を数値化し、部位の構成比(柱20%、内壁15%、屋根10%など)をかけて損傷率を算出する。柱の場合、「梁(はり)との間にずれが生じている」と損傷程度は50%で、構成比20%をかけて損傷率は10%になる。各部位の損傷率を足した結果、50%以上は全壊、40%以上50%未満は大規模半壊、20%以上40%未満は半壊となる。具体的な損傷程度の判断は自治体職員に任されている。

(2009-09-09 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android