コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家庭用太陽光発電の買い取り制度

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

家庭用太陽光発電の買い取り制度

経済産業省が09年から制度を導入した。発電能力が10キロワット未満の住宅では1キロワット時あたり42円、同じく10キロワット以上の住宅では40円の固定価格で10年間、余った電気電力会社に売ることが出来るようになった。7月から「自然エネルギー固定価格買い取り制度」に変わり、10キロワット以上の住宅では発電したすべての電気を42円で20年間売れるようになった。

(2012-08-12 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

家庭用太陽光発電の買い取り制度の関連キーワード経済産業省

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android