コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家電量販店の再編

1件 の用語解説(家電量販店の再編の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

家電量販店の再編

省エネ家電を実質的に安く購入できる「家電エコポイント」が昨年3月に終わり、地上デジタル放送への移行も7月に完了すると、テレビ頼みだった家電量販店の売り上げは失速。業界下位のコジマベスト電器は一気に業績が悪化した。ビックカメラは今年6月にコジマを子会社化。トップヤマダ電機は7月、ベスト株の過半数を取得することでベストと合意した。

(2012-08-23 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家電量販店の再編の関連キーワードインターネット家電デジタル家電ネット家電エコ家電グリーン家電統一省エネラベル黒物家電エコナビ省エネ家電への買い替え支援制度HEMS(ヘムス)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone