コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿借り・寄居虫 やどかり

大辞林 第三版の解説

やどかり【宿借り・寄居虫】

十脚目ヤドカリ科・ホンヤドカリ科・ツノガイヤドカリ科・オカヤドカリ科の甲殻類の総称。体形はカニとエビの中間。頭胸部は硬い甲におおわれるが、腹部は軟弱で、多くは巻貝の殻を借りて保護している。一対の大きなはさみ脚をもつ。ホンヤドカリ・オニヤドカリ・タラバガニ・ヤシガニなど種類が多い。ゴウナ。オバケガイ。カミナ。 [季] 春。 《 -や覚束なくもかくれ顔 /虚子 》 〔「寄居虫」とも書く〕
宿を借りること。家を借りて住むこと。また、借家人。居候のことをもいう。 「 -の座敷へ踏込ふんごまうとなされたを/浄瑠璃・千本桜」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

宿借り・寄居虫の関連キーワードホンヤドカリ浄瑠璃

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android