コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂照(寂昭) じゃくしょう

世界大百科事典 第2版の解説

じゃくしょう【寂照(寂昭)】

?‐1034(長元7)
平安中期の僧。参議大江斉光の三男で俗名は定基。三河守在任中,愛人の死により道心を発し,986年(寛和2)出家した。東山如意輪寺に入り寂心(慶滋保胤(よししげのやすたね))に師事し,源信,仁海にも学んだ。988年(永延2)ころから五台山(清涼山)巡礼のため入宋をたびたび朝廷に願い,寂心の没後,1003年(長保5∥宋の咸平6)8月肥前を発し,9月明州に到着。このとき源信が《台州疑問二十七条》を寂照に託し,四明知礼に解答を求めたのは有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寂照(寂昭)の関連キーワードカジミエシ1世(復興王)スターバックスコーヒー国の間伐政策犬猫の寿命後三条天皇寂照サキャ派日高山脈襟裳国定公園ビーチャジ海淵柳永

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android