寂照(寂昭)(読み)じゃくしょう

世界大百科事典 第2版の解説

じゃくしょう【寂照(寂昭)】

?‐1034(長元7)
平安中期の。参議大江斉光の三男俗名は定基。三河守在任中,愛人の死により道心を発し,986年(寛和2)出家した。東山如意輪寺に入り寂心(慶滋保胤(よししげのやすたね))に師事し,源信,仁海にも学んだ。988年(永延2)ころから五台山(清涼山)巡礼のため入宋をたびたび朝廷に願い,寂心の没後,1003年(長保5∥宋の咸平6)8月肥前を発し,9月明州に到着。このとき源信が《台州疑問二十七条》を寂照に託し,四明知礼解答を求めたのは有名である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android