コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂照・寂昭 じゃくしょう

大辞林 第三版の解説

じゃくしょう【寂照・寂昭】

962~1034) (「寂昭」とも書く)平安中期の天台宗の僧。俗名、大江定基。入宋し僧俗の尊崇を受けた。詩歌に優れ、「本朝文粋」「後拾遺和歌集」などに収録される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

寂照・寂昭の関連キーワード拾遺和歌集大江定基天台宗詩歌尊崇俗名僧俗

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android