コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂照・寂昭 じゃくしょう

大辞林 第三版の解説

じゃくしょう【寂照・寂昭】

962~1034) (「寂昭」とも書く)平安中期の天台宗の僧。俗名、大江定基。入宋し僧俗の尊崇を受けた。詩歌に優れ、「本朝文粋」「後拾遺和歌集」などに収録される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

寂照・寂昭の関連キーワード拾遺和歌集大江定基天台宗詩歌尊崇俗名僧俗

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android