コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄せ場・寄場 よせば

大辞林 第三版の解説

よせば【寄せ場・寄場】

人々が寄り集まるところ。 「 -の世間咄しにも/人情本・辰巳園
日雇い労働者が就労し、また生活する場所。
「人足にんそく寄場」の略。
寄席よせ。人寄席ひとよせせき。 「近年町々素人家にて-と唱へ、見物人を集め、座料を取、座敷浄瑠璃又は人形等取交渡世致し候者数多あまたこれ有り候/御触書 天保

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

寄せ場・寄場の関連キーワード御触書人情本

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android