寄せ木造り・寄木造り(読み)よせぎづくり

大辞林 第三版の解説

よせぎづくり【寄せ木造り・寄木造り】

木彫仏の造仏技法の一。頭部・胴体部の基本部を二材以上の木を寄せ合わせて造るもの。それまでの一木いちぼく造りに代わって定朝じようちようが完成させた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android