密か・窃か・竊か・秘か・潜か・陰か・私か(読み)ひそか

精選版 日本国語大辞典の解説

ひそ‐か【密か・窃か・竊か・秘か・潜か・陰か・私か】

〘形動〙 (「か」は接尾語)
① 人に知られないようにするさま。
(イ) 人に見聞きされないようにするさま。こっそり。
※霊異記(810‐824)上「宴嘿(ヒソカニシテ)浄屋に居(す)ゑ〈興福寺本訓釈 宴嘿 上依爾反 下目反 二合比曾加爾之天〉」
※曾我物語(南北朝頃)一「又京都に帰り上りひそかに住す」
(ロ) 自分の心の中で、人知れず、思ったり、考えたりするさま。内々。
※石山寺本金剛般若経集験記平安初期点(850頃)「秘(ヒソカニ)心に自ら念ずらく」
(ハ) 仲間だけで、外にもれないように、小声で話したりするさま。
※霊異記(810‐824)中「優婆塞、睇(めをみ)せて(ヒソカニ)(ささめ)きて曰はく〈国会図書館本訓釈 ヒソカニ〉」
② 公的な物事を個人のものとするさま。私するさま。自分のものにするさま。
※平家(13C前)四「平朝臣清盛公、法名浄海、ほしいままに国威をひそかにし」
③ 人の耳目にあまり触れないさま。
(イ) あまり知られていないさま。
※浮世草子・西鶴織留(1694)一「林勘兵衛といふ名は、ひそかにしてのたのし屋也」
(ロ) 人目につかないさま。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)三「座敷は申付て置たが、ひそかな所がよいぞ」
[補注]漢文訓読系の文章の用語で、和文系の文章ではおもに「みそか」を用いた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android