コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富[村] とみ

世界大百科事典 第2版の解説

とみ【富[村]】

岡山県北部,苫田(とまた)郡の村。人口966(1995)。中国山地脊梁部の山地にあって,旭川支流の目木川,余川が南流する。古くから林業と和牛生産が盛んな地であるが,近年は乳牛の飼育も盛んになっている。人口流出が激しく,過疎化対策として1976年より自然休養村として整備され,施設が建設された。森江家住宅は江戸時代中期の山村の代表的な大百姓建築として重要文化財に指定されている。カワセミの1種ヤマセミの生息地である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報