コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富[村] とみ

1件 の用語解説(富[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とみ【富[村]】

岡山県北部,苫田(とまた)郡の村。人口966(1995)。中国山地脊梁部の山地にあって,旭川支流の目木川,余川が南流する。古くから林業と和牛生産が盛んな地であるが,近年は乳牛の飼育も盛んになっている。人口流出が激しく,過疎化対策として1976年より自然休養村として整備され,施設が建設された。森江家住宅江戸時代中期の山村の代表的な大百姓建築として重要文化財に指定されている。カワセミの1種ヤマセミの生息地である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

富[村]の関連キーワード岡山県奥津温泉津山美作岩出成田備前真庭飛騨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone