富士フイルムホールディングス(株)(読み)ふじふいるむほーるでぃんぐす

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富士フイルムホールディングス(株)
ふじふいるむほーるでぃんぐす

写真フィルム、複写機メーカーなどを統括する持株会社。2006年(平成18)10月富士写真フイルムが持株会社制に移行、現社名となった。同時に事業会社富士フイルムを新設。おもな子会社は富士フイルムのほかに富士ゼロックスがある。2008年3月富山化学工業を子会社化。富士フイルムホールディングスの資本金404億円(2008)、売上高2兆8468億円(2008。連結ベース)。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android