コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士山噴火

1件 の用語解説(富士山噴火の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

富士山噴火

歴史上最大とされる1707年の「宝永噴火」以来、噴火はない。00〜01年、直下で低周波地震が多発したが、地殻変動などの異常は観測されなかった。国は「現在、活動が活発化する兆候は見られない。将来の噴火の時期や規模を予測することは非常に困難」との前提で対策を進める。宝永噴火並みの噴火があると、降灰は首都圏一円に及び、被害額は最悪で2兆5千億円と試算されている。

(2006-02-18 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富士山噴火の関連キーワード富士山宝永山歴史画宝永地震歴史小説噴火の規模史上秘史宝永噴火ハリケーンカトリーナ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富士山噴火の関連情報