コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士川舟運

1件 の用語解説(富士川舟運の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

富士川舟運

1607年、徳川家康の命で富士川が開削され、鰍沢など甲州三河岸と駿河・岩淵の間約70キロを、下りは半日で結んだ。積み荷は「下げ米、上げ塩」と言われ、主に下りは甲州や信州の年貢米を、上りは塩など海産物を運んだ。約300年間交通の大動脈となり、明治中期には人の往来も増えて最盛期を迎えた。しかし明治末期に中央線が開通すると輸送の主力は鉄道になり、衰退した。

(2012-04-24 朝日新聞 朝刊 山梨全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富士川舟運の関連キーワード十五代(徳川十五代)お亀の方お万の方(2)榊原清政佐野綱正杉浦与左衛門総帰居士振姫(2)お万の方

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone