コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士松薩摩掾(1世) ふじまつさつまのじょういっせい

1件 の用語解説(富士松薩摩掾(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富士松薩摩掾(1世)
ふじまつさつまのじょういっせい

[生]貞享3 (1686)
[没]宝暦7 (1757).6.6. 江戸
新内節の遠祖。本名野中彦次郎。宮古路豊後掾の門に入り,宮古路加賀太夫を名のる。師とともに江戸に下り,豊後節の哀婉で煽情的な芸風が一大旋風を巻き起こした。ところが,それが江戸市中の心中事件多発の原因とされ,幕府より弾圧を受け,元文4(1739)年には芝居出勤や稽古などほとんど全面的に禁止された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富士松薩摩掾(1世)の関連キーワード中園季定清閑寺熙房竹屋光久七条隆豊年寄衆安部信之(2)一運藤堂良端堀元厚

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone